寄付のお願い

心のふれあう明るく豊かな地域社会をつくるには、すべての人びとが、自分たちの住む地域に関心を寄せ、 お互いに助け合い、支えあっていく心が大切です

県内には、こうした意識や、機運の高まりとともに、数多くのボランティアの皆さんが活発に活動しておられます。 「長崎県地域福祉振興基金」は、このような住民相互の助け合い活動の輪を、さらに大きく広げ、人々の幸せを高めることを目的として、昭和57年度に創設され、8億7千万円の基金へと成長してまいりました。 どうぞ、この基金の趣旨をご理解いただき、皆様の善意をお寄せくださるよう、心からお願い申しあげます。

基金の仕組み

基金はみなさんからの善意の寄付金と、県補助金、市町出損金、長崎県社会福祉協議会の拠出金などによって造られ、その基金から生まれる果実(利息)は、さまざまな地域福祉活動に生かされています。

基金の仕組み

基金はこのように使われます。

基金の利息は、市町社会福祉協議会及び、長崎県社会福祉協議会を通じて、ボランティア活動の振興と、食事サービスや入浴サービス等の地域福祉、在宅福祉活動のための資金に使われています。