カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
新着情報
カテゴリー
過去の記事
長崎県社会福祉協議会
  • ながさきボランティアのひろば
  • ながさき災害ボランティア活動情報
    災害が発生した時のボランティア活動のページです。
    リンク集
    RSSフィード
    福祉フォーラムin別杵速見「障がい者の防災を考える」
     近日、頻繁に発生しています群発地震より、災害の怖さと避難体制や避難所の不備を私達は実感しました。この体験から、障がい者など災害時要援護者の防災対策の確立が緊急の課題であると考え、今年度の福祉フォーラムin別杵速見のテーマにすることとしました。
     フォーラムでは、当事者の声・実感に基づいて「障がい者の防災対策の現状と問題点」を明らかにするとともに、「先進的な取り組みを知った上で、「あるべき防災対策」を考えます。
     そして、地域ですぐに取り組みを開始できるように、具体的な協力の仕組みづくりを提案したいと考えています。
     沢山の方々のご参加をお待ちしております。


    【日 時】2008年3月8日(土)

    【場 所】別府市 ビーコンプラザ 国際会議室(3階)

    【テーマ】「障がい者の防災を考える」
           ・障がい者の防災対策の現状と問題点を明らかにする
           ・先進的な取り組みを知る
           ・あるべき防災対策を考える

    【主 催】福祉フォーラムIN別杵速見実行委員会・震災がつなぐ全国ネットワーク
    【後 援】大分県・大分県社会福祉協議会・別府市・別府市社会福祉協議会
          ※この事業は、日本財団の助成を受け実施しております。

    【内 容】

    ◎次第
      開会・主催者あいさつ
      基調提起「防災は私たちの課題」
      被災現地の報告と提言
       ・災害・避難・避難生活とは(県ボランティア・市民活動センター及び震災がつなぐ全国ネットワーク)
      現状報告-大分の現状と課題
      (1)調査報告
         ①別府市 当事者・施設調査報告 別府大学(篠藤明徳教授)
         ②大分県内 自治体調査報告
      (2)当事者・現場の声
      シンポジウム
        障がい者の防災を考える
          ・コーディネーター 徳田靖之(弁護士)
          ・パネリスト     障害者団体代表、行政等

    【問合先】NPO法人 自立支援センターおおいた 担当:河野
          電話0977-27-5508  FAX0977-24-4924

    詳しくはチラシをご覧下さい。



    | 会議・フォーラム::九州内で開催 | 05:17 PM |
    第3回諫早市社会福祉大会開催(かんしゃ2月号より)
     諫早市社会福祉協議会は、「ひとりを支えることが、みんなを支える」をテーマに掲げ、住民主体の実践活動を学び、また住みよいまちづくりの動向について理解する機会として本大会を開催します。多数の参加をお待ちしております。

    【日 時】平成20年2月14日(木) 13:30~16:50
    【会 場】諫早文化会館 大ホール
    【内 容】1.式典
          2.事例発表
            テーマ ①児童の余暇活動支援
                 ②防減災での地域づくり(森山地区防減災まちあるきについて)
          3.特別講演
             講師:上野谷加代子氏(同志社大学教授)
    【参加費】無料
    【問い合わせ先】諫早市社会福祉協議会 TEL0957-24-5100
              かんしゃ2月号はこちら



    | 会議・フォーラム::県内で開催 | 09:43 AM |
    災害ボランティア国際シンポジウム
    世界の災害ボランティア活動のトップランナーが島原に集います。
    1990年の雲仙普賢岳噴火から17年。
    この間、国内でも阪神・淡路大震災を始め様々な災害が日本列島を襲いました。
    しかし、災害が起こるたびに全国から大勢のボランティアが被災地で活動し、
    被災者の心の支援、生活復興のための支援を行っています。

    困った時はお互い様の共助の気持ちを忘れることなく、助け合う社会を
    皆さんと一緒に創ることを目指すシンポジウムです。

    (と き)
    平成19年11月23日(祝・金)~24日(土)

    (ところ)
    長崎県島原市  雲仙岳災害記念館(23日)/島原復興アリーナサブアリーナ(24日)

    (内容)
    ◎23日
    13:00~17:00 世界の災害ボランティア活動シンポジウム
    18:00~ 交流会(別途参加費3,500円)


    ◎24日  
    9:00~ 基調講演 宮本秀利氏(NPO法人島原ボランティア協議会前理事長)
    10:00~ 国内災害ボランティアシンポジウム
    コーディネーター 
     渥美公秀氏(日本災害救援ボランティアネットワーク理事)
    パネリスト
     岩永秀徳氏(長崎県社会福祉協議会ボランティア振興課長)
     栗田暢之氏(震災がつなぐ全国ネットワーク代表)
     松森和人氏(NPO法人ふくい災害ボランティアネット理事長)
     水島重光氏(日本生協連大規模災害支援協議会世話人) 
          
    12:00~ 炊き出し(うどん、おにぎり)
    ※必要な方は一人300円(予定)をご用意ください。事前申し込みは要りません。
          
    13:00~ 災害シンポジウム分科会(当日、興味ある分科会にご自由にご参加ください)
     第1分科会/災害ボランティアの必要性
     第2分科会/災害ボランティアと社協の役割
     第3分科会/ボランティア組織の運営と人・情報・金
     第4分科会/アジア(海外)の災害に対する連携のあり方 
         
     ※同時刻に災害復興地視察もあります。


    (参加費)
    23日 
    国際シンポジウム(2000円)、交流会(3500円)
    24日 
    国内シンポジウム(1000円)、災害復興地視察(無料)

    (申込締切)
    平成19年11月17日(土)

    (申込方法)
    参加申込書に必要事項を記入し、島原ボランティア協議会へ
    FAX(0957-64-0345)にて送信して下さい

    (問い合わせ先)
    NPO法人島原ボランティア協議会(TEL:0957-62-6014)
         
    ※この事業は(財)県民ボランティア振興基金の支援事業です。
    ※第5回火山都市国際会議 島原大会 関連フォーラムとして開催します。



    | 会議・フォーラム::県内で開催 | 02:17 PM |
    防災・減災フォーラム2007in諫早のお知らせ
    諫早大水害での貴重な「体験・教訓」を伝承し、災害に強く・活力のある明日の架け橋として、防災・減災フォーラムを開催します。

    と き:平成19年7月25日(水)午後1時開会
    ところ:諫早文化会館

    内 容:
    □基調講演「川と日本文明」
     竹松公太郎氏((財)リバーフロント整備センター理事長)

    □パネルディスカッション「諫早水害から50年 諫早・未来へ」
     ◇パネリスト
      行政代表 長崎河川国道事務所長、諫早市長
      地元代表 伊藤秀敏氏、鶴川恵氏、吉田敏男氏
     ◇コーディネーター
      本田貞勝氏(元長崎新聞社論説委員長)

    入場料:無料
    問い合わせ先:国土交通省長崎河川国道事務所(TEL095-839-9211)



    | 会議・フォーラム::県内で開催 | 05:02 PM |
    火山都市国際会議島原大会開催(平成19年11月19日~23日)
    アジアで初めての開催となる「火山都市国際会議」は雲仙・普賢岳のある島原市です。

    火山都市国際会議は、火山学分野の国際学術組織であるIAVCEI(国際火山学地球内部化学協会)がほぼ2年おきに開催している国際フォーラムです。この大会は、火山学だけではなく様々な分野の研究者や行政関係者、防災関係者が火山活動の社会に与える影響について議論する会議であり、危機管理、都市計画、社会学、心理学、教育なども含んだ連携作業を行うことにより、火山災害の軽減を目指しています。


    事務局では参加登録を受付けています。
    詳しくは火山都市国際会議島原大会にお問い合わせください




    | 会議・フォーラム::県内で開催 | 04:24 PM |
    PAGE TOP ▲