カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
新着情報
カテゴリー
過去の記事
長崎県社会福祉協議会
  • ながさきボランティアのひろば
  • ながさき災害ボランティア活動情報
    災害が発生した時のボランティア活動のページです。
    リンク集
    RSSフィード
    災害ボランティア講師派遣(南串山町老人クラブ連合会)
    平成20年3月10日(月)10:00~11:30 南串山町老人クラブ連合会へ災害ボランティア講師 旭芳郎氏を派遣しました。

    「災害時における自助・共助の取り組み強化について」というテーマで学習会を開催し、地区老人クラブ会長及び女性部長33人が参加しました。



    派遣後の報告書には・・・

     ・災害に対する危機感が高まった。
     ・いつ災害が来ても対処できるような体制を作らなければならない。
     ・日頃から避難場所への通路を確認する必要性を感じた。
     ・自助、共助の大切さを家族や地区住民と考えていきたい。
     ・災害に関する知識を高めていきたい。
     ・救援物資の送り方について参考になった。
     ・若年世代に積極的に呼び掛けていきたい。

    などの感想が記載されており、そして何より、参加者33名中28名が次回も参加したいという意見がありました。

    日頃からの災害に対しての意識を高めることや、災害に備えた取り組みの大切さが参加者の方によく伝わったようです。
    今回、学習会に参加された方だけではなく、今後、地域を上げての取り組みに期待したいと思います。



    | 研修・講座::災害ボランティア講師派遣 | 12:00 PM |
    災害ボランティア講師派遣(東彼民生委員児童委員協議会)
    平成20年2月28日(木)13:30~15:30 東彼民生委員児童委員協議会へ災害ボランティア講師 旭芳郎氏を派遣しました。

    「災害時における行政とボランティアの連携」というテーマで旭氏が理事長であるNPO法人島原ボランティア協議会の歩みや行政との関わり、これまでに県外の被災地で行った事、そして、今後目指しているもの…などのお話を通して、

     ①民生委員児童委員として災害時の災害弱者(高齢者・障害者等)救助、支援はどうすればいいか?
     ②民生委員児童委員として災害時の対策(備え)はどのようなことが必要か?
     ③区域(町内)を越えた災害時ネットワークづくりはどうあるべきか?

    について学びました。

    会場である川棚町中央公民館の講堂には郡内の民生委員児童委員や社協役員など87名が集まりました。

    派遣後の報告書には 「全国各地でボランティア活動に参加され多くの災害援助に携わってこられた実績を基に連携の取り方、気配り、平常時からの訓練など様々な現場の実例を示しながらの講習は大変よい勉強になりました」との感想が記載されていました。

    今回の学習会の内容を活かし、実際の取り組みに繋げていただきたいと思います。




    | 研修・講座::災害ボランティア講師派遣 | 02:21 PM |
    災害ボランティア講師派遣(時津手話サークル)
    平成20年3月3日(月)19:30~21:00 時津手話サークルへ災害ボランティア講師 岩永秀徳氏を派遣しました。

    「災害ボランティア…減災・防災でまちづくり」というテーマで学習会を開催し、時津手話サークル会員、ろうあ者、時津町役場福祉担当、防災担当の方、時津町社協の方など21人が参加しました。





    講師の岩永氏が手話を使って自己紹介をすると、参加していたろうあ者は大喜び。その後も熱心に聞き入っていました。

    ・災害時には行政も被災し、支援にも限界があるので、地域での助け合いが必要であること。
    ・緊急連絡先やかかりつけ医療機関などを記載した防災カードの携行が有効であること。
    ・日頃より、様々な関係機関、団体との連携を図り、行政や社会福祉施設、社会福祉協議会(災害ボランティアセンターを設置)等の役割分担を明確にさせておく必要があること。
    ・災害時要援護者となるであろう方が、積極的に隣近所の方たちとかかわり、顔の見える関係をつくる必要があること。
    ・地域の防災訓練に、積極的に災害時要援護者となるであろう方が参加し、お互いの理解を深める必要があること。

     ・・・などのお話がありました。

    そして、県内で行われている「災害ボランティアセンター立ち上げ実動演習」や「防災マップづくり」の紹介があり、災害時の活動だけではなく社協が中心となり、地域のボランティア団体、行政などと連携した平常時の取り組みに期待していますとお話がありました。


    また、講師派遣の申込をしてくださった、時津手話サークルからの派遣後の報告書には 「ボランティアをする人たちが増えていけば災害があった時も地域で助けあって復興も早いと思います。よいお話を聞かせていただきありがとうございました。何かできることがあれば身近なことからやっていきたいです。」との感想がありました。


    今回の学習会をきっかけに、地域で活動している団体や行政をつなぐ役割を、発災時に災害ボランティアセンターを立ち上げる社協に担っていただき、各機関が連携を図り役割分担を明確し「防災・減災」「災害時要援護者への対策」の取り組みを進めていただきたいと思います。



    | 研修・講座::災害ボランティア講師派遣 | 09:22 AM |
    災害ボランティア講師派遣(ライオンズクラブ国際協会長崎市合同事務局)
    平成20年2月19日(火)13:00~15:00 ライオンズクラブ国際協会長崎市合同事務局へ災害ボランティア講師 宮本秀利氏を派遣しました。

    学習会は「災害ボランティアと地域力」というテーマで開催し、会場である波佐見町総合文化会館にはライオンズクラブの会員120名が集まりました。

    派遣後の報告書には 「災害ボランティア活動とは何か。ボランティア活動の初心を常に念頭におく事の重要性について良く理解できました。」との感想が記載されていました。


    今回、ライオンズクラブ国際協会337-C地区キャビネット事務局(長崎・佐賀地区)さまは長崎県災害ボランティア連絡会へも入会いただき、また、この学習会以外の研修会へも積極的に参加くださいました。

    災害時だけではなく、平常時の「防災・減災」への取り組みがとても大切です。
    これをきっかけに、今後も継続的に学習会等を続けていただきたいと思います。



    | 研修・講座::災害ボランティア講師派遣 | 05:23 PM |
    災害ボランティア講師派遣(NPO法人「住民諫心の会」)
    平成19年10月6日(土)13:30~ NPO法人「住民諫心の会」へ災害ボランティア講師 旭芳郎氏の派遣を行いました。
    学習会は「自治会として災害時に高齢者や障害をもった方を助けるには」というテーマで開かれ、会場の船越町公民館には20名の方が集まりました。





    | 研修・講座::災害ボランティア講師派遣 | 01:11 PM |
    PAGE TOP ▲